リフォームを行う最適なタイミングとは?

ベストなタイミングはある?リフォーム判断の目安ポイント

>

内装のリフォームを同時に考えてみよう

トイレのリフォームのタイミング

トイレの便器は陶器ですので、100年以上使うことが出来るといわれています。
しかし、使用されている配管や部品などは10年~15年が目安とされています。
便座やふたにヒビが入ったり、タンクや温水清浄便座の故障など色々な症状が出てきてしまいます。
最近のトイレには、さまざまな機能が搭載されています。
掃除がしやすい形状のものや省エネ性にすぐれています。
最新式のトイレなら快適に過ごせそうですね。
不具合が部品の劣化の場合なら交換だけで済む場合もありますが、使用年数が15年以上の場合は交換することをおすすめします。
トイレ以外のキッチンや浴室にも問題がある場合は、リフォームのタイミングを合わせてみてはいかがでしょうか。

クロスの張り替え

壁紙やクロスの素材は、布・ビニール・和紙などさまざまです。
張り替え時期は約5~10年といわれています。
経年劣化で、色褪せたり、においがついたりして古くなっていきます。
壁や天井の汚れが目立ち色が変わってきたり、表面がしわ、けば立ち、カビが生えてきた場合や壁紙の継ぎ目のところが黒く汚れてきたり、防水や消臭の性能がなくなってきた場合は張替えをした方がよいでしょう。
壁紙の汚れや傷みをそのまま放置しておくと下地が傷んでしまい補修する場合は余計な費用がかかってしまいます。
そのため、早めの張替えをおすすめします。
湿気の多い水回りの部屋では、カビが生えやすいので防カビの効果のあるタイプを、リビングや廊下などは強度の高いタイプがいいでしょう。


このTOPICSをシェアする