リフォームを行う最適なタイミングとは?

ベストなタイミングはある?リフォーム判断の目安ポイント

>

リフォームの適正時期を考えよう

キッチンのリフォームのタイミング

キッチンリフォームの最も代表的なものは設備の不具合です。
放置したままキッチン設備を使い続けると、大きな事故にもつながります。
ガスレンジなどの機器の不具合には、早急な対応が必要です。
また、キッチン周りの腐食が進んでしまい取れない汚れやカビやにおいなどがある場合、排水口がすぐにつまったり水漏れがある場合もリフォームの時期といえるでしょう。
キッチン設備の不具合が気になったら放置せずにリフォームを行いましょう。
耐用年数の目安として、10年以内ならメンテナンスで対応できます。
15年以上になるとほぼリフォームが必要になってきます。
そのため、最適だと思われるタイミングは、経年劣化を考えて15年経過する前が目安になります。

浴室のリフォームのタイミング

浴室は、湿気がたまりやすくタイルや浴室が割れたり、カビが繁殖しやすいため、日頃からお手入れが必要です。
カビの対策として換気をよくしないと内部が侵食して腐食する可能性もあります。
劣化に気づいたら早めに補修をしましょう。
15年を超えるとかびや汚れが目立ち始めますので、新しい浴室に変える必要があります。
脱衣所の床がへこんだり、浴室内でのひびわれやさび・カビがひどくなったり、排水口が流れにくく臭いがあったり、外の壁に水がしみ出ているなどの症状があれば施工業者に相談してみましょう。
タイミングが遅くなると無駄な補修費用もかかり工事費も増えてしまいます。
最新の機器は省エネ化が進んでいますので水道高熱費も節約でき、掃除やお手入れも楽になります。


このTOPICSをシェアする