リフォームを行う最適なタイミングとは?

ベストなタイミングはある?リフォーム判断の目安ポイント

水回りのリフォーム

リフォームをしたいと感じるのは、どんな時でしょうか。
キッチンやトイレなどの住宅設備が壊れて必要に迫られてというのが多いのではないでしょうか。
故障した後での修繕は費用が高額になってしまいます。
老朽化で故障する前に行えば、費用も削減できます。
それぞれの耐用年数に合わせて適切にメンテナンスを行っておくと長く使い続けることが出来ます。
不具合が出始める適正な時期は、
キッチン、バス、トイレ、給湯器で10年~20年
壁紙で5年~10年。
玄関、窓で15年~20年。
外壁、屋根で10年~15年といわれています。
材料によって異なりますが、外壁や床は防蟻や結露などで下地が痛む前にメンテナンスすることによって費用は少なくてすみます。
玄関や窓は、年々防犯や断熱性能も向上していますので、光熱費の節約にもつながります。
キッチン、トイレ、バスなどの水回りも丁寧に使うと耐用年数より長く使えます。
部位ごとにリフォームを行うよりも、一度にまとめて行ったほうが費用を安くおさえることができます。
特に水回りのリフォームのキッチン、トイレ、バスなどを行う時には、同じ施工会社が入ることが多いので効率よく行うことができます。
リフォームは、費用がかかりますよね。
消費税の増税前だったり、期末前の施工業者の割引されたチラシで安く行えるタイミングなどで考えてみてはいかがでしょうか。
それぞれのリフォームをするタイミングについて調べてみましょう。